四十肩・五十肩

  • 夜寝ている時に肩がうずいて寝られない
  • 肩が痛くて着替えられない
  • 肩が痛くてつり革が持てない
  • 頭を洗う時に肩が痛い
  • エプロンの紐が結べない

四十肩・五十肩とは? / 天王寺・阿倍野ゆるり鍼灸整骨院

四十肩・五十肩とは、肩関節周囲炎の軟部組織(筋肉、靭帯、関節包)などが老化により硬くなってしまい、関節がうまく動かなくなることにより起こる炎症のことを指します。

40代でなれば四十肩、50代でなれば五十肩と呼ばれ症状に違いはありません。

四十肩・五十肩は急性期、慢性期、回復期の3つの期間を経て痛み、可動域が改善していきます。

しかし、症状が軽減していく回復期に入るまで半年以上かかる場合が多く、さらに痛みで動かせない間にどんどん可動域が狭くなり肩が上がりにくくなってしまいます。

ゆるり鍼灸整骨院での四十肩・五十肩に対しての施術方法

四十肩・五十肩の原因は肩回りの軟部組織が硬くなるだけでなく、肩甲骨の動きや骨盤の歪みなど多岐に及びます。

なので、肩の周りをマッサージするよりも身体全体を診ていくことが重要になります。

病院に行っても痛み止めや湿布を処方されて様子を見てくださいといわれることがほとんで、根本的に治療してくれるところは殆どありません。

当院では、痛みの原因となっている部位を特定し、患者様一人一人にあった施術を行い根本治療を目指します。

身体の歪みや筋肉のバランスを整え痛みの出ない体を作っていきましょう。