腱鞘炎

  • 指や手首を動かすと痛い。
  • パソコン、スマホを良く使っている。
  • 家事、育児を頑張っている。
  • 指が引っかかる、伸びにくい。
  • 朝方は特に痛い。
腱鞘炎とは

は骨と筋肉をつなげる線維性結合組織です。腱は束になって骨に付き指や手首を動かします。

腱鞘はトンネル構造になっており、そのトンネルの中を腱の束が通ります。

腱鞘が腱を収めることで効率的に手や指や手首を動かす事ができます。

腱鞘炎は、パソコンやスマホをよく使う。字を書くことが多い。家事や育児が忙しい。などの方がなりやすいといわれています。

発症しやすい部位は、手首や指に多く、ド・ケルバン病バネ指と呼ばれます。

 

腱鞘炎は日常生活動作中に同じ動作の繰り返しで、腱鞘の中で腱が動いている時に腱鞘に擦れ炎症が起こるいわゆる「つかい痛み」です。

ですので基本的にはまず局所の安静と痛みの出る動作を控えて頂く事が大事になってきます。

また加齢やホルモンバランスの異常、糖尿病の方にも多くみられます。

悪化すると、手術や注射などが必要になってきますので、少しでもおかしいなと感じたらゆるり鍼灸整骨院にご来院下さい!

症状

ド・ケルバン病

特に親指をよく使う人に見られる腱鞘炎です。

スマホを使う人が増え、親指で長時間操作する事で発症するので「スマホ病」とも言われる現代病です。

親指は他の指と比べて可動性があるため、親指に付く腱も多くなります。

手首にある腱鞘はその親指に付く腱を収めているので、親指を使い過ぎると腱鞘で炎症を起こしてしまいます。

疫学的には、20〜50歳代の女性に多くみられます。

「フィンケルシュタインテスト」という自己診断法もあるので気になる方は検査してみて下さい。

ばね指(弾撥指)

親指、人差し指、中指で発症する事が多いです。

指の使い過ぎによる腱鞘炎で、手のひら側で指の腱と腱鞘が擦れて炎症を起こし腱が肥厚して通過障害が起こります。

指を曲げ伸ばしする際に抵抗がありカクカク動きます。

ひどくなると朝1番は指が曲がったまま伸びなくなります。

痛みがひどくなったり、指が動かなくなると手術や注射が選択されます。

 

 

ゆるり鍼灸整骨院での腱鞘炎治療とは

痛みに対しては、関係する筋肉を緩める「柔整手技」を行い筋肉を緩める事で腱のつっぱりを緩和させます。

そして炎症の起こっている腱、もしくは腱鞘には「鍼灸治療」で疼痛抑制をはかり、自然治癒力を高めます。

鍼灸以外にも炎症や痛みに対して「超音波治療器」を使用します。微細振動により細胞膜の透過性や活性度を改善させ、炎症の治癒を高めます。更に、細胞間隙の組織液の運動を活発にして浮腫を軽減させます。

また使い過ぎを防ぎ、手首や指を固定・サポートする「テーピング」を行います。

 

肩甲骨可動域、姿勢改善を目的とした「トータルストレッチ矯正

痛みは使い過ぎによるものですが、肩甲骨の可動性の悪さ、姿勢の悪さ、筋肉の硬さ、手指への血流の悪さなどがあると根本が改善されていない為、再発、もしくは痛みが長引くことがあります。そんな時は、ゆるり鍼灸整骨院のその人に合わせたオーダーメイドの矯正で根本改善からリハビリまでおこないます。